ねこのおうこく

ねこに愛の手を。

【剣盾S11使用構築】最終解脱クレフパッチ+イバンアシレ【最終808位(1852)】

どうも、ゲンキです。

剣盾S11 お疲れ様でした。 

以下の構築を使いました。詳細を見たい方はそのまま読み進めてください。

f:id:genki_poke:20201101055753j:plain

はじめに

光陰矢の如しとはよく言ったもので、前回の記事から3年が経ちました。

冠の雪原がリリースされ、非常にポモチベが高まり、剣盾に入って初めて真面目に最終日を潜ってみようと思いました。

最終日の夜12時の時点で6000位ほどの順位であり、最終1000位ぐらいを目指せたらな、ぐらいの意気込みでコーヒー片手に潜りました。

幸いにも6000位から14勝2敗と勝ちに恵まれ、最終3桁に乗り目標達成できたため、記念として筆をとった次第です。来期から環境が大きく変わるので書く意味ないような気もしますが、記念です。

中位帯の人間はこんなこと考えてるんだな、ぐらいの感覚で読んでいただけたら幸いです。

 

結果

 最終808位(レート1852)

f:id:genki_poke:20201101142727j:plain

(以下、常体)

 

使用構築

以下のパーティを主に使用。

f:id:genki_poke:20201101055753j:plain

 

構築経緯

f:id:genki_poke:20201101081626p:plainの電磁波+まきびしからのダイマエースでのダイジェットし制圧する動きが強いと思い、軸として採用した。

ダイマエースとして、f:id:genki_poke:20201101081626p:plainとの相性補完が悪くなく、火力の高いf:id:genki_poke:20201101081641p:plainを採用した。型は、前期結果を残したf:id:genki_poke:20201101082819p:plainf:id:genki_poke:20201101082812p:plainのような受け回しが中位帯で一定数見られたため、この並びを1匹で崩せる可能性のある珠+両刀とした。

補完枠として、f:id:genki_poke:20201101081641p:plainに対してf:id:genki_poke:20201101081617p:plainf:id:genki_poke:20201101082958p:plainのような地面枠が必ず投げられるため、これらにタイプ的に有利なf:id:genki_poke:20201101081634p:plainを採用した。冠の雪原リリースによりイバンの実が解禁されたため、こらえる+げきりゅうとのシナジーの良さを評価して採用した。

ここまでの並びにおいて、初手でf:id:genki_poke:20201101081626p:plainと相手のf:id:genki_poke:20201101081641p:plainが相対すると目的の動きができず、そのまま崩されてしまう可能性があることがネックであった。また、物理ダイマエースへの切り返しを用意しておきたいためタスキ枠+アイドル枠として相棒でもあるタスキカウンター型のf:id:genki_poke:20201101081600p:plainを補完として採用した。とてもかわいい。

ダイマエース2号として、f:id:genki_poke:20201101081626p:plainを見てf:id:genki_poke:20201101083303p:plainf:id:genki_poke:20201101083342p:plainを誘うため、これらにタイプ相性上有利であり上をとれるf:id:genki_poke:20201101081611p:plainを採用した。副次的効果としてf:id:genki_poke:20201101082812p:plainf:id:genki_poke:20201101083440p:plainなどの高耐久ノーマルへの隙がなくなった。

6枠目は最後まで悩んで結局決まらず適当に何か強そうなf:id:genki_poke:20201101081617p:plainを置いてみた。選出しなかったが相手のf:id:genki_poke:20201101081641p:plainの選出を抑えることができ、一定の効果はあったと感じた。 

 

個別紹介

クレッフィゴツゴツメット

f:id:genki_poke:20201101063622g:plain

いたずらごころ

図太い

164(252)-x-157(252)-101(4)-107-95

ドレインキッス/まきびし/電磁波/†電磁浮遊†

HB:ウーラオスのA182水流連打で45.7〜56.7%

 

基本的に初手に置き、電磁波から入る。まきびしは相手の並びから8分の1で足りるかを考えながら撒いた。また、初手がタスキ枠っぽいときはまきびしよりも削りを優先した。

壁貼りと誤解されているのか水ウーラオスがほぼ100%突っ込んできたが、ゴツメのお陰で滅法強く、電磁波→ドレインキッスの動きで完封可能。鉢巻は電磁波撒いてパッチを降臨させることで対応可能。

また、いたずらごころ対策としての悪ウーラオスワルビアルサザンドラ、オーロンゲを後投げされてもドレインキッスで対応可能。

ホルードを後投げされても†電磁浮遊†で地震を透かし、スカーフなら引き、ほんち持ちタスキならゴツメでタスキを削れた。剣舞してくるすごく偉い人には涙を堪えて拍手を送っていた。

この子1匹で降参をもらった試合も多数あった。電磁波を外さない有能な鍵だった。

†電磁浮遊†で空中浮揚するため構築名に「最終解脱」を入れた。炎技に弱いところはまさに「なんて熱さだ、耐えられない!!」だった。未履修の人は履修しておくように。

 

パッチラゴン@いのちのたま 

f:id:genki_poke:20201101071717g:plain

はりきり

おっとり

165-136(124)-99-135(180)-90-121(204)

でんげきくちばし/つばめがえし/りゅうせいぐんかえんほうしゃ

C:H252モジャンボに火炎放射で83.0~98.0%

S:麻痺したスカーフヒヒダルマ+1、1ジェットで最速110族抜き

A:余り

 

クレッフィで電磁波をいれてゴツメ等である程度削りを入れてダイジェット圏内に入った段階で降臨させるのが理想の動き。

鬼火がいろんな方面から飛んでくるのと、受け回しを破壊するための両刀で採用。持ち物は火力を少しでも高めるための珠を採用。

物理方面はダイジェットさえ積めればでんげきくちばしの超火力があるため、Cに多めに割いた。鬼火や威嚇で対処したつもりになっている相手によく刺さった。この子のおかげで受け回し系統には負けなしだった。

また、ダイマを切らして技外しに賭けてくる立ち回りをするギャンブラーもいたが、ダイマが切れた後8割に怯える必要のない技を入れることで精神衛生的にも良い方向に作用した。

ダイジェットをしていない場合の対ドラゴンには滅法弱いため、Sラインは検討の余地はあった。しかし、これ以上火力を削げないため立ち回りでなんとかした。

 

アシレーヌ@イバンのみ

f:id:genki_poke:20201101063841g:plain
激流

控えめ

175(156)-x-95(4)-194(244)-137(4)-93(100)

うたかたのアリアムーンフォースエナジーボール/こらえる

S:準速ドサイドン+1

C:多めに

HBD:余り

 

今期のMVP。激流とイバンのシナジーがすごかった。全試合でイバンを考慮された試合が1試合だけだったぐらい読まれず、また刺さった。イバンを発動させるためのHP管理が難しいところもあった。ダイマ環境によりダイマ枯らし目的で自然とこらえるを採用できるため、今までのポケモン史上で最もイバンが日の目を浴びている環境だと思う。基本的にSは遅いが超火力を出せるポケモンに採用すると刺さると思います。

技構成は水技として火力を求めて熱湯ではなくアリアを採用。ムーンフォースは入れない理由がなかった。

3枠目はモロバレルドヒドイデを意識してサイキネを採用しようとしていたが、個体数が少ないと感じたこととパッチで対応可能なため不採用とした。その代わり、構築単位で非常に重たかった水・地面(ガマゲロゲトリトドン等)に対応するためエナジーボールを採用した。この結果拾えた試合もいくつもあった。

アシレーヌを♂で使う人は許せません!!

 

テラキオン@じゃくてんほけん

f:id:genki_poke:20201101063945g:plain

せいぎのこころ

陽気

167(4)-181(252)-115(36)-x-111(4)-170(212)

インファイト/ロックブラスト/アイアンヘッドエアスラッシュ

S:最速100族+3

A:ぶっぱ

B:気持ち振ってみた

 

一定数いたウルガモスリザードン等の選出が予測され初手にクレッフィを出せない時、格闘の通りがよいと感じられる場合等の補完枠。水技が飛び交う環境であったため弱保で採用したところ、刺さる試合が多かった。

ダイジェットはエアスラが元技で読まれないのか、撃つと固まる相手もいた。弱保が発動すれば非ダイマウーラオスを落とせるぐらいの火力は出た。

アイへの枠はじしんと悩んだ末、構築単位で処理が難しいピクシーに抗えるように採用した。

耐久に余裕がなくギリギリで耐久感覚を身につけるのに苦労した。ダメ計大切ですね。

 

マニューラきあいのタスキ

f:id:genki_poke:20201101064034g:plain

プレッシャー

陽気

145-172(252)-86(4)-x-105-194(252)

トリプルアクセル/じごくづき/カウンター/こおりのつぶて

ASぶっぱ。

 

相棒枠。アイドル枠。見た目がかわいい。

・・・ではなく、タスキ+カウンターの個体が相手のダイマエースへの切り返しとして強いと感じており、その中でもSの高いポケモンを探してたところ、偶然発見したという経緯で採用した。6〜7世代とは異なり、ゲンガーより早いという点がすごく強く、選出抑制が効いていた。また、トリプルアクセルを習得したことにより、環境に多かったタスキホルードに強い点も評価した。さらに、一定の個体数がいたオンバーンにも強い点を評価した。

なお、トリプルアクセルのダメージをスターホシ氏のダメ計ツールで回してたところ、超火力が出たので採用したがおそらくツールが間違ってる。修正を望みます。

特性はタスキであればてぐせとの相性が良いが、スカーフの有無を確かめられるプレッシャーで採用した。

ちょうはつが欲しい場面があったのと、つぶてを撃つ機会があまりなかったので、技は検討の余地があった。

また、のろいリサイクル型カビゴンと相対した際カウンターのPPが足りずに負けたので、カウンターのような技でもPPはしっかり増やしておきたいと思った。

 

ホルードこだわりスカーフ

f:id:genki_poke:20201101064129g:plain

ちからもち

陽気

161(4)-108(252)-97-x-97-143(252)

じしん/のしかかり/ストーンエッジ/とんぼがえり

ASぶっぱ

 

意地珠でしかつかったことがなかったため、あまりの火力のなさに愕然とした。

大事な局面でエッジを外してからは1回も選出しなかった。

 

選出

①基本選出

f:id:genki_poke:20201101081626p:plainf:id:genki_poke:20201101081641p:plainf:id:genki_poke:20201101081634p:plainorf:id:genki_poke:20201101081600p:plain

クレッフィで電磁波+まきびしで場を整えてからパッチラゴンでダイマックスして制圧。

取りこぼしをアシレーヌで処理する。アシレーヌでどうしようもなさそうな時やカウンターがうまいこと入りそうな時はマニューラを選出。

 

②その他の選出

f:id:genki_poke:20201101081611p:plainf:id:genki_poke:20201101081634p:plainf:id:genki_poke:20201101081600p:plain

相手にウルガモス・パッチラゴン等のクレッフィの選出が難しい相手がいる場合、この選出も検討する。基本選出とは異なり選出順序は柔軟に行う。

 

重たいポケモン

f:id:genki_poke:20201101084917p:plain

⇒スカーフ型が特にきつかった。雑に扱ってくれる相手のプレイングに助けられることが多かった。

f:id:genki_poke:20201101084941p:plain

⇒物理型ならタスキカウンターで処理できるが、特殊型はお手上げだった。中位帯には相当数おり、対処が大変だった。

 

その他

f:id:genki_poke:20201101084923p:plainf:id:genki_poke:20201101084929p:plainf:id:genki_poke:20201101084932p:plainf:id:genki_poke:20201101084937p:plainf:id:genki_poke:20201101084944p:plainf:id:genki_poke:20201101084949p:plainf:id:genki_poke:20201101084953p:plain



謝辞

マッチングしていただいた方、ありがとうございました。

また、ここまでお目を通していただきありがとうございました。

シーズン12は環境がガラッと変わる楽しみと、どうなるか分からない不安とが入り混じった心境です。人口はおそらく増えるので順位を更新することは難しいかもしれませんが、最終3桁前半を目標に頑張っていきたいです。

皆さんは注目してるポケモンはいますか?僕はフェローチェ使いたいです。

 

 

ご質問やご意見がございましたらTwitter(@genki_poke)までお願い致しますm(_ _)m

フォローしていただけたら嬉しいです。

下記のボタンをぽちっとお願いします。